ニュース

Concept 幸せな未来をその手で創る。

あなたのその手で、できることは何でしょうか?
治療家として、患者様の苦痛を取り除くことが、全てではありません。
自分自身の幸せ、周囲の人たちの幸せをその手でつくり出し、素晴らしい未来を掴み取ることができる。
あなたのその手には、無限の可能性が秘められているのです。

メイプラスは、そんな自分の可能性を信じて、切磋琢磨し、働く仲間と手を取り合い、たくさんの幸せをつくり、想像を超えるような感動の未来へ進んでいきます。

Member 人を知る

田中貴久

チームの為に動ける人なら本気で幸せにする。そんな仲間が待っています。

May-Plusマネージャー
7年目
保持資格 柔道整復師

千葉県市川市出身。マッサージ師の父親の背中を見て治療の道を志す。
20代は我武者羅に現場経験を追いかけてリラクゼーション、整形外科、大手整骨院グループでの新院立ち上げを経験。
自身の経験だけでなくチームや組織の成長へ視点を広げた経験を求めて2015年にMay-Plusに入社。
本院の院長を経て現在はマネージャーとして現場の教育管理に従事。

実際にMay-Plusで学んだことは何よりチームとしての考え方でした。

治療院業界を選ぶ人の多くは自分の技術で人の役に立ちたい、人に喜ばれる技術を身につけたい、という人が多いと思います。
私自身今振り返ると20代の頃はたくさんのものをもらっているはずの会社やチームより、患者さんと自分のことを考えるので精一杯だったと思います。

短期的に見れば上手くいっていたようにも感じますが、客観的にみると自分勝手な考え方になりやすくすぐに壁に行き詰っていた気がします。

May-Plusに入り多くの人から学ばせてもらう機会を得たことで、今までの自分の視野が狭すぎたことや、
自分の欲しいものは先に人の役に立つことで結果として自分に返ってくるという本質的なことなど本当にたくさんのことを学んでいます。

自分のことで考えるよりも、チームのことで考える。

チームの幅も狭く限られたものにするのではなく、大きな夢を掲げて広げ続ける。
簡単なことではないですが、その考え方になってからの方がやりがいと成長を感じられています。

これから先治療院の業界で働こうと考えているのであれば、ぜひ一度May-Plusに見学に来てください。

やり方が無数にある中で本当に自分に合った会社を見つけるのは大変な事だと思います。
狭い視野になって行き詰りこの業界から離れてしまった人もたくさん見てきました。
この仕事を選んで良かった。一生続ける仕事にできる。そう思ってもらえるだけの環境がMay-Plusにはあります。
ただ、自分一人で技術を磨きたいという人はおそらくMay-Plusでもうまくいきません。
しかし、チームの為に動ける人なら本気で幸せにする。そんな仲間が待っています。

田中貴久
  • 本社

上原貴教

店舗責任者に就任して身に沁みたこと

私は入社して2年半でチーフになりました。 入社したての頃は、初めての社会人生活という事もあり、約2ヶ月の社内研修を経て、現場デビューしました。 また、その研修期間の中で外部のセミナーに参加し、社会人としての心構えを教えて頂いた経験は大きいと思います。 患者様の身体を診させて頂くプレッシャーもありましたが、先輩方のわかりやすいアドバイスもあり、自分ができる幅が増えていくのが分かりました。 最初の2年間は患者様に対してできる知識を増やすことで必死でしたが、 その中でも一緒に働いている施術スタッフとフロントスタッフのコミュニケーションも大切にしていました。 患者様と、スタッフに対する姿勢を評価してもらい、ありがたい事に、2年目の終わりの時期に新店舗のチーフを任せられる声を頂きました。

『今日一日仕事が楽しかった』と思ってもらえるような準備

チーフになる前は 患者様に治療を受けてもらう日には『今日来てよかった!』と思ってもらうように必死に準備をしてました。 チーフになってからは スタッフに対して『今日一日仕事が楽しかった』と思ってもらえるような準備をしています。 もちろん 和気あいあいでダラダラやる意味ではありません。 切磋琢磨をして働ける職場を目指しているからこそ、『楽しさ』は大事だと思うんですよね。 また、 スタッフのモチベーションや、やる気は職場の上司の言動や行動も大きく左右されます。 スタッフが持っている能力を最大限に出してもらうためにも、まずはスタッフに楽しんでもらう事がチーフの最大のミッションだと思っています! ここはまだまだ伸び代があるところですが特に意識しているところです。

代表から役割を直接もらえることも「やりがい」

患者様への治療はもちろんなのですが、スタッフに対して寄り添える立場である事にやりがいを感じています。 性別、年齢、ビジョンが違う中で、同じ職場で働き、一緒に悩みを解決できる事は自分自身が成長できています。 また、責任が増えていくと同時に代表と働く機会が増える事もやりがいになります。 一般スタッフの時には知らなかった事を、チーフになってから、直接代表から教えてもらえる機会が増えます。 経営、人材育成、将来の会社のビジョン、新規店舗オープンまでのやるべき事、業界の流れはもちろんですが、整骨院以外の業界と、May-Plusを比べた時の話など、様々な考えを教えて頂きます。 経営者の考えに直接触れられる事、代表から役割を直接もらえることもやりがいになります。

上原貴教
  • アモーレ整骨院

萩原圭介

同業他社の社長から「あそこはいい会社」だと言われた

きっかけはまず給与、福利厚生でした。会社って入ってみないとわからないのですよね。 本当に良い会社かどうか?って。 そのような転職活動の中で何件か見学に行った際に「どこの会社の面接申し込んでます?」と聞かれ「今週末の面接はMay-Plusです」と答えた所、「知ってるよ!あそこの会社はとても良いよ!!」と同業他社の社長から言われたんです笑

悩んでもわからないですし、他社の社長が言うのなら間違いない覚悟し、入社を決めました! あの時、入社を後押ししてくれた社長には本当に感謝です!

まだまだ成長の伸びしろしか無い

May-Plusでは治療技術はもちろん、社会人としての考え方、人としての在り方まで学べます。 その中で最も私が意識していることは「日々挑戦、日々成長」という事。 ある程度技術や知識がついてきて、結果が出てくると「そこそこ」に満足してしまいがちだったのです。 ただ、そこで満足すると成長は止まります。 日々挑戦することで、夢にもどんどん近づけます。日々、成長することで日常生活も充実します! 私は30代ですが、まだまだ成長の伸びしろしか無い! 挑戦し続ける事の大切さを身を持って学びました!

成長する人、成功する人ほど素直

「素直な人」である事! どの業界でもそうなのですが、成長する人、成功する人ほど素直です。 私たちの業界は「先生」と呼ばれるため、自分が偉くなったと思いがちです。 しかし、そうなると人も離れ、成長も止まります。そういう人が増えると業界の成長も止まります。 逆に素直な人が増えれば、業界ももっと成長し、たくさんの人を幸せにできます! 一緒に盛り上げていきましょう!!

萩原圭介
  • オアシス整骨院

梅村一輝

人の本当の悩みを聞けて、心の支えになりたい

24歳
ハピネス整骨院 施術スタッフ
入社3年目

私がこの業界を目指したきっかけは、小学生から高校まで続けたサッカーです。
私の高校時代は怪我が多く整骨院に通うことが多かったです。
当時の怪我を診てくれた先生がとても親切で、今の体の状態やどんな施術をしているかをしっかり教えてくれました。
その先生のように人の本当の悩みを聞けて、心の支えになりたいと思いこの業界に入りました。

私は専門学生のとき、接客を学びにディズニーランドでアルバイトをし、学業と両立していました。平日は学業、土日はアルバイトと毎日大変でしたが、とても充実していました。
今も学校で学んだこと、ディズニーで学んだことをこのMay-Plusで発揮しています。


整骨院の雰囲気がまるでディズニーランド

専門学校3年生になるまでは、この業界のことを全く知らなく、「給与が高くて、休みが多いところがいいな」くらいしか思っていませんでした。
当時の学校で行われた、企業説明会で出会ったのが、May-Plusでした。
説明を聞いていると、会社がどんなことにお金を使っているか、それで今後会社がどのように成長していくのかを具体的に話してくれました。

いざ、May-Plusに見学に行ってみると整骨院の雰囲気がまるでディズニーランドのようにスタッフや患者様の笑顔で溢れていました。

見学中に自分の時間を作ってくれて、実際治療も受けさせてもらったのですが、治療前と治療後の自分の姿勢には一目瞭然です。
目に見えるようにわかりやすい治療効果が出ました。

治療効果はもちろん、院の雰囲気などに力を入れているMay-Plusがもっと成長していく中自分もその成長に関わりたいと思い、May-Plusを選びました。


たくさん発見し、たくさん挑戦して成長

私はMay-Plus1年目と同時に社会人1年目でもあります。
柔道整復師として治療家として月に1度全体で研修があり治療を見直し、新しい技術を学んでいます。
それだけでなく、社会人としてのあり方や考え方も教えてくれます。

専門学校時代は解剖学や生理学など知識を沢山学びましたが、治療技術はあまり学びませんでした。
入社当時は「自分でもしっかり治療効果を出して患者様を喜ばせることはできるだろうか」と不安が多かったです。
ですが、先輩スタッフが親身になり、自分が理解するまで教えてくれました。

社会人として、自分はどうしていけばいいのか、細かい部分まで教えてくれます。
学生時代までやりたいことだけをやっていましたが、それだけだと今が楽しいだけ、長期的に見て今自分がやるべきことを教えてくれます。
今やるべきことを全力で行うと新たな発見をたくさんでき、新しい挑戦もMay-Plusで行っていけます。
これからもたくさん発見し、たくさん挑戦して成長していくのが楽しみです。


全てに貢献できるような人間になることが目標

先輩やMay-Plusからいろいろなことを学べている今の環境に感謝しています。
今は自分のことでいっぱいになっていましたが、これからは先輩スタッフとして日々成長し後輩のお手本になれるようにしていきたいです。
そしていずれチーフというスタッフを管理する役割を経て、自分が教える立場になり、患者様へはもちろんですが、スタッフの成長を手助けできる人になりたいと考えています。
患者様、スタッフ、会社、地域全てに貢献できるような人間になることが目標です。

 

トップクラスの治療家を一緒に目指しませんか?

「素直」「諦めない」「向上心」
この3つを常に持ち続けている人です。
この業界に入るならトップクラスの治療家を一緒に目指しませんか?
まずは言われたことを素直に行ってみて、失敗しても良い経験になるので諦めず、高い目標を持っていると会社と共に一緒に成長していきましょう。

梅村一輝
  • ハピネス整骨院

齊藤祥輝

「将来独立したい」面接で快く受け入れてくれたMay-Plusに決めました

24歳
アモーレ整骨院 施術スタッフ
入社2年目

サッカー選手を目指し18歳までサッカーに没頭
現在も含めてサッカー歴約20年
高校卒業後、父親が柔道整復師でサッカーで怪我などする事もあり、正直やりたい事もなかったのでとりあえずで柔道整復師の専門学校に入学、勉強をしていく事で人の体を治したいと思い始める
その為にも柔道整復師の知識だけでは足りないと感じ卒業後カイロプラクティックの学校に1年通う。カイロプラクティックの治療(根本治療)が好きになり、卒業後就活サイトで根本治療をしているMay-Plusを見つけ応募
面接の時点で将来は開業したいと伝えると、「良いじゃん!そのためにはMay-Plusで院長位は経験した方が良いよ!」と言われ快く受け入れてくれる姿勢に魅力を感じ入社を決意
May-Plusでは休日がしっかりもらえる上で高い給与を頂けます。
勿論給与が全てではないですが、私には独立してやって行きたいという夢があるのでその為にもある程度の給与が必要だったので入社を決めました!


「そこまで教えてくれるのか!」という研修

現場に立つにあたっての技術は勿論、研修を通してしっかり学ばせて頂きました。
現場に立った今でも研修の場を設けて頂いて日々成長しています。

社会人として、人として必要な事まで学ばせて頂いています。
人との関係性、メンタルコントロール、考え方や見方など「そこまで教えてくれるのか!」というところまで突っ込んで話して頂けます。
それをMay-Plusのスタッフ全員が把握している為、関係性が良く働きやすい環境になっています。
チームワークを高める為にはここまでする必要があるというところまで学べました。


30歳までに開業できる準備を

まずは開業するにあたって必要な事をこのMay-Plusで沢山学んで行きます。
その為にもチーフになれるように技術は勿論、人として在り方や考え方、コミュニケーションの質と量など沢山の事にチャレンジしています。
次に開業に向けて治療も含めた必要なセミナーなどを受けて情報量を増やして行く。
30歳までに開業できる準備をしていき、多くの方を笑顔に幸せにできるようになって行きます

 

早く成長できるように最短ルートに導いてくれる

「まずは自分のやりたい事は何なのか、軸、大きく言えば『夢』を持ってもらいたいです。
怪我を治したい、痛くない体を作ってあげたい、笑顔にしたい、幸せになってもらいたい。 何でも良いです。
どう思うかは人それぞれだと思います。 ただ何も軸、夢がないと方向性がズレたり結果的に自分がやりたい事じゃないことをやり始めて気づいたときには遠回りしているかもしれません。
May-Plusの代表も時間は有限と言っていますし、私達スタッフができるだけ早く成長できるように最短ルートに導いてくれているぐらい時間は大切です。
『夢』を見つけてがむしゃらに頑張って行きましょう!
諦めないから夢が叶う!
この業界を通して一緒に多くの人を笑顔に幸せにして行きましょう!!!

齊藤祥輝
  • アモーレ整骨院

財部 拳

胸を張って自信が持てるようになった

日の出整骨院 施術スタッフ
入社2年目 23歳

福岡県北九州市出身。
小学5年生から東京足立区に引っ越してきました。母親が介護の仕事をしていたので、福祉の業界に興味を持ち、高校の福祉学科専攻。
介護の職場体験をしていく中で、介護側にも負担があり、年配の方以外にも色んな人の役に立ちたい気持ちで、医療業界に目を向け始めました。

そこから鍼灸按摩マッサージの資格を専門で取得。リラクゼーションで1年間働いていました。
「気持ちよかった」「楽になった」などの言葉を貰うのが嬉しかったのですが、もっと出来ることを広げたいと思い、
根本治療である矯正治療の魅力に惹かれ、May-Plusに入社しました。


面接時に施術をして貰い、治療技術に感動した

最初は求人サイトで「徒歩圏内で行ける整骨院がある!」と見つけた事でした。
詳しく求人情報やHPを見てみると骨盤矯正の分かりやすい説明や、充実した福利厚生が好印象で、何より企業理念のスタッフ・患者様・家族みんなを幸せにするという言葉が響きました。

応募させて頂いてすぐに面接をして頂き、会社の発展や私自身の人としての成長など、今後が楽しみになるほどキラキラした話を聞き「この会社で働きたい!」と思い、入社しました!

また実際に施術をして貰い、治療技術に感動したのも決め手の一つです!


社会人として、人としての学び

May-Plusは社会人として、人としての学びが多いです。教えて頂くの中に「当たり前こそ、有難い」という言葉があります。
入社してからを振り返ると、周りに感謝する事が本当に増えました。この成長できる環境を用意してくれている会社にも、
コロナ禍で来てくれている患者様にも、いつも「おかえり」と迎えてくれる家族にも。感謝を伝える事で、自分が満たされている事も分かります。
これまでの人生であまり無かった自信が、入社してから胸を張って自信が持てるようになりました!

理想の自分を目標に

役に立てる幅を広げたいです。
私自身まだ開業などの大きな目標は見つかってないのですが、治療技術やコミュニケーション、人としての成長はもっともっとしていきたいと考えています。

落ち込んだ時に最初に浮かぶ先生
白衣を着ると絶対的な自信がある先生
一緒に働くと楽しい、切磋琢磨し合える先生

まずはそういった理想の自分を目標に
May-Plusの中で成長していく予定です!

この業界を選んだ人に一言

「自分から分け与えられる人」になって欲しいです。自分が疲れている時でも、他の疲れている人を見て笑顔にしたいから、身体のサポートをする。
そういう事の積み重ねで信頼関係が生まれて、お互いに助け合える関係性になると、May-Plusで学びました。
それぞれ開業など抱える目標は違うと思いますが、お互いに助け合って、夢や目標を応援し合える人になって欲しいです!
私自身まだまだ成長途中ですが、一緒に助け合い、成長していきましょう!

財部 拳
  • 日の出整骨院

大谷悠也

準備が大切だと改めて思った。

未経験の私でもしっかりと技術を教えてもらえる環境があります。 加えてMay-Plusでは技術だけでなく、人間性も成長出来る環境です。 その中で、May-Plus10でもあるように『準備8割、行動2割』と言う言葉を大切にしています。 私は今まで結果を求めることが多かったです。 同じ失敗を繰り返したり、うまくいかないことも多かったです。 その原因は成功するための準備をして来なかったからです。 準備ばかりで、行動しなければそれは結果は出ません。 準備を整え、行動することによって成功は生まれるものだとMay-Plusに入って学びました。 しっかり準備をする事により、同じ失敗を繰り返す事も無くなりましたし、現場に出てからより患者様の為になる行動ができるようになりました。

2つの目標

目標は2つあります。

一つ目はMay-Plusの院をチーフとして任される事

二つ目は開業する事

2つの目標を達成するにはMay-Plusで上の立場、教える立場になる事をまず近い目標にしています。 そのために、治療技術や患者様管理は勿論、院内の立ち振る舞いや言葉遣いを今現在意識しています。 20代には開業したいので、その為に先輩スタッフの話を聞いたり、代表が掲載しているメルマガなどを参考に、今自分に足りない物を日々追求しながら成長しています。

治療院業界を目指すなら1番の治療家になる

この業界を目指すなら1番の治療家になる事。 目標を常に持っている人になってもらいたいです! その為には、自分で決めた目標をぶらさず、軸となるものを作っておくが大事だと思います。 私自身モチベーションが高い方だとは思うのですが、軸となる物は友人だったり家族の為という思いが強いです。 『困っている人の役に立ちたい』と強い思いがある人がこの業界を目指している人だと思うので、決して自分が決めた目標はぶらさず、やり続けることが大事。 上手くいかないこともあると思いますが、その際は初心に帰り、なぜ自分がこの業界を目指したか振り返る事で、モチベーションを高く持ち続けられると思います! やるからには上を一緒に目指して行きましょう!

大谷悠也
  • ファミリア整骨院

田中拓也

May-Plusなら「人々の生活に寄り添った治療家になれる」と思った。

前職は整形外科で勤務し、主に骨折や脱臼など外傷に対しての治療を経験しました。 その中で慢性的な痛みや傷病名がつかない事で苦しんでいる方々に多く出会いました。 従来の保険治療を行う整骨院ではそういった方々を根本的に改善できる治療や全ての症状に向き合う事ができないため、自分が目指す「人々の生活に寄り添った治療家」にはなれないと感じていた時にMay-Plusで働く知人の話を聞きこの会社を知りました。 実際に治療を受けに患者として見学させていただき、マネージャーとお話する機会をいただいた上で自分が目指す方向性と合っていると感じ2021年に入社しました!

「仕事をする上での考え方や在り方」がアップデートされた。

私が学んだことは「仕事をする上での考え方や在り方」です。 仕事をする上で成功するためには、「失敗しないように行動する事」だと私は勘違いしていました。 ですが行動をしないと成長も成功も出来ません。 May-Plusの言葉で「日々挑戦、日々成長」という言葉があります。 まずは何でも挑戦する心を持って本気で取り組むことで、失敗したとしてもそこから得られるものは絶対にあり多くの挑戦が成長や成功に繋がります! 私もまだまだ失敗ばかりですが現場で挑戦することでもっと成長出来ると感じています!

「誰かのために行動ができる人」と働きたい。

「誰かのために行動ができる人」になって欲しいです。 スポーツをしていても仕事をしていても同じですが、一人で動いても何も成し遂げられません。 仲間という存在がいて初めて大きな事を成すことが出来ます。 なので自分だけではなく仲間がどうなったら幸せか考えて行動することが自分の成長につながり、さらに患者様にも繋がると信じています。 私ももっと周りの人を幸せにできるように努力していくので、一緒に成長していきましょう!

田中拓也
  • ハピネス整骨院