自己紹介① 治療家を目指すまで

阿部

ブログスタートです!

株式会社May-Plusの代表、阿部純治のブログページにお越しいただきありがとうございます。
記念すべき第1回目のブログです!!まずは私の自己紹介からお願いいたします。

自己紹介~治療家を目指すまで~

はじめまして
株式会社メイプラスの阿部です。

せっかく採用求人サイトを作り直し、少しでもメイプラスのこと、私のことやスタッフのことを知ってもらいたいと思い、ブログを始めることにしました。

では
さっそくですが
私の自己紹介からはじめたいと思います。

プロフィールと学生時代

1982年3月16日
東京都足立区出身
4人家族の次男坊として生まれました。

子供の頃は
手がつけられないくらいの悪ガキで校長室にも何度かお呼ばれしたことが記憶のどこかにあります。

一方で
勉強は塾に通っていたこともあり、ほどほどにできたので

中学から私立中学に入学し、そのまま高校、大学へと進学しました。

ここまでは
順調な学生生活を送り
大学を卒業したら漠然と社会人への道へと進むんだろうと思っていました。

しかし
大学生の終わりになっても、就職先ややりたいことが見つけられないまま
ダラダラと学生の終盤を過ごしていました。

大学4年生となり、卒業する間際になっても
このままフリーターでアルバイトしていればいいかなと思っていた時期がありました。

当時はほぼ毎日夜勤のコンビニで働いて、バイト代は遊ぶお金に使うような毎日。

このまま過ごしていくのかと不安に思うこともありました。
大学4年生の時に転機が訪れました。
そんな時に母に誘われて
祖母が入居している老人ホームに足を運んだことが私の転機となりました。

祖母が入居している老人ホームは認知症や身体の不自由な方が多い老人ホームで

祖母自身もかなり認知症が進んでいて、私のこともよくわからないくらい症状が進んでいました。

ただ
そこで働く老人ホームのスタッフさん、ケアマネージャーさん、色んな人たちが祖母に良くしてくれて、利用者さんのために懸命に働いている姿が焼きつきました。

私は帰りの車内で
現在の自分がとても情けない気持ちになりました。

いつも今日や明日のバイトや飲み会のことくらいしか考えてないし、正直、誰の役にも立ててない。
周りの友人達は就職先が決まり、来春から社会人。

・・・このままじゃ、ダメだ。

そんなことがきっかけとなり
私はまず、誰か人の役に立てる仕事を探そうと思い始めました。

治療家を目指したのは【人の役に立つ仕事がしたい】と思ったから

そもそもの話
仕事をすること自体、誰かの役に立って対価をいただくことなんですが

その時の私は介護したり、治療したり、心を癒せたりするような仕事に興味を持ち始めました。

そこで、やりがいがありそうな仕事として見つけたのが
治療家、柔道整復師という仕事です。

この柔道整復師という仕事は専門学校に3年間通い、国家試験をクリアして得られる資格なのですが

・整骨院
・整体院
・整形外科
・デイサービス
・スポーツトレーナー
・ケアマネージャー(※受験資格が得られる)

など
様々な分野で活躍することができる資格です。

現在の日本は高齢化社会。
1/3が年配者といわれています。

これからさらに高齢化社会になり、介護状態になってしまう方も増えると思います。

そこで私はうちの祖母のように介護にならないように
健康で元気な生活を送れるようなサポートがしたいと思い、治療家の道を志しました。

大学卒業後、1年間は学費を蓄えるためにリラクゼーションサロンで働き、専門学校に入学したのが23歳の時。

もっと早くこの道に進んでいれば、と思いましたが、大学時代に先輩、同級生、後輩たちから学べたものも多くて決して4年間は無駄な時間ではなかったと思います。

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です