柔道整復師の現状と将来性について

日本には、様々な資格があります。

 

健康ブームや高齢化社会の影響もあり、体をケアする職業に就きたいと希望する若者が増えています。

 

将来性のある資格として、人気があるのが柔道整復師です。

 

柔道整復師の資格を取り、整骨院や病院、介護保険関連施設に勤めたり、スポーツトレーナーになったりする人は多いです。

 

また、独立開業して自分の店を持つ人も増えています。

 

競争社会の世の中では、資格を持っていると有利になることが多いです。

 

柔道整復師は、国家資格で、厚生労働大臣によって免許が与えられます。

 

現在は、高校を卒業してから、厚生労働省が許可した専門の養成施設か、文部科学省が指定した4年制の大学で必要な専門科目
を履修し、国家試験を受けて合格することで資格を得ることができます。

 

資格を取得した後は、臨床研修を行って整骨院などを開業することができます。

 

現在でも人気がある職業ですが、日本ではさらに高齢化が進むと考えられており、骨や関節の痛みなどを治療する人材の需要は高まると予測されています。

 

整骨院や接骨院で施術を受けた場合、健康保険などによる医療扶助や自賠責保険、労災保険が適用されます。

 

仕事中にケガをした場合は、労災保険が適用され、交通事故によってケガをした場合は、自賠責保険が適用されます。
柔道整復師の歴史は古く、戦国時代にさかのぼります。

 

戦国時代には、応急処置法の習得が必須だったのです。

 

江戸時代になると、中国医学や蘭学の影響を受けて、整骨術や接骨術として受け継がれるようになります。

 

そして、大正時代以降は、西洋医学の知識も取り入れつつ現在の柔道整復術が完成したのです。

 

整骨院や接骨院では、日常生活の中やスポーツ活動、交通事故などで発生した外傷や痛みに対して施術を行っています。

 

医師が行う治療とは異なり、古来から伝承されている独特の手技により治療を行っています。

 

人間が持っている自然治癒力を最大限に発揮させる施術が、柔道整復術の大きな特徴です。

 

よく間違われるのが、カイロプラクティックや整体術です。

 

カイロプラクティックや整体術は、国が認めたライセンスではないのです。

 

そのため、カイロプラクティックや整体院では、健康保険が適用されません。

 

最近では、介護施設での活動を考えている人に向けて、機能訓練講習会を開催している団体もあります。

 

柔道整復師の中には、地域の中で介護支援専門員として働いている人が多数いて、高齢者から喜ばれています。

【柔道整復師・鍼灸師・整体師】求人募集中です!



メイプラス整骨院グループでは柔道整復師・鍼灸師・整体師を積極的に求人募集しています!